pandoraの玩具箱

宮城県から発信中。身辺雑記+エンタメ鑑賞記+吉川晃司さんのこと+世間話など。

吉川晃司35周年記念CD再聴プロジェクト

眠りにつく前に吉川晃司のCDを1枚聴くという、ごくささやかな個人的なプロジェクトをスタートさせました。

軽快なリズムがすごく良い。歌詞が甘くて苦い。 

A-LA-BA・LA-M-BA

A-LA-BA・LA-M-BA

 

 

初期の吉川晃司はどこからどう見てもアイドルというカテゴリーに分類されていましたし、当時まだ10代だった私も「わぁ~かっこいい~」という感じで吉川晃司ファンになり、彼の歌う曲を聴きはじめました。完全にルックス優先。

 

でも、それだけだったら私が吉川晃司の35周年YEARを迎えることはなかったでしょうね。私は吉川晃司のルックスもさることながら、彼の曲が好きです。彼の音楽世界が好きです(と、今頃になって気づきました)。

 

私は楽器は何ひとつ弾けないし譜面も読めませんが、「自分の好きな音楽はこんな感じ」という程度の薄い輪郭が頭のどこかにある。吉川晃司の音楽はその輪郭にいつも合っている気がします。新譜がリリースされると、「あっ、こういう感じは好きだな」と思いながら聴くことがよくあります。