pandoraの玩具箱

宮城県から発信中。身辺雑記+エンタメ鑑賞記+吉川晃司さんのこと+世間話など。

吉川晃司デビュー35周年記念WOWOWスペシャル

www.wowow.co.jp


1984年のデビュー以降、常に日本のロックシーンを牽引し続けてきた吉川晃司。今年でデビュー35周年を迎えた彼は、デビュー日となる2月1日の東京・日本武道館公演からスタートした「KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR」を展開中だ。WOWOWでは、彼の35周年を記念し、7月から数カ月間にわたって特別番組の数々をお届けする。ミュージックビデオ・コレクションやライブヒストリーの追加編集版、主演ドラマ「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」アンコール放送に加え、1984年の吉川のデビュー映画『すかんぴんウォーク』から始まった“民川裕司3部作”を一挙放送。テレビ初放送となる『ユー★ガッタ★チャンス』、『テイク・イット・イージー』もラインナップ。それ以降も、さまざまなコラボレーション企画を続々と公開予定。

 

◆7月放送予定

吉川晃司 35th Anniversary Music Video Collection
デビュー35周年を迎えた吉川晃司。2014年の30周年時に放送された過去のミュージックビデオを紹介する番組を追加編集し放送。

 

 2014年、ロック・ミュージシャン吉川晃司のデビュー30周年を記念して、彼の輝かしい歴史をミュージックビデオで振り返ったスペシャル番組を追加編集して放送する。初期の1980年代の楽曲から、COMPLEX時代の大ヒット曲「BE MY BABY」、さらに映画『るろうに剣心』の監督・大友啓史がミュージックビデオを制作したことで話題となった「SAMURAI ROCK」など、最新曲を合わせ、40曲以上の珠玉のナンバーをお届け。


吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35 ~ WOWOW Special ~
デビュー35周年を迎えた吉川晃司。2014年の30周年時に放送された彼のライブヒストリー番組を追加編集し放送。

 

 1984年にデビュー曲「モニカ」で鮮烈なデビューを飾り、2019年に35周年を迎えた吉川晃司。今回、30周年を迎えた2014年に放送され、過去のライブ映像をふんだんに使用し彼のキャリアを振り返ったライブヒストリー番組が追加編集版としてよみがえる。膨大にストックされた貴重なライブ映像は、まさにロックの神髄を目の当たりにさせる。圧倒的な存在感で時代を席巻した希代のエンターテイナー吉川晃司の35年。アニバーサリーイヤーに、彼のエモーショナルでエネルギッシュな姿をご覧いただきたい。


連続ドラマW 黒書院の六兵衛
浅田次郎の幕末小説を連続ドラマ化。江戸城不戦開場を舞台に描かれる、謎の御書院番士と名もなき下級武士の熱き反戦友情物語。吉川晃司と上地雄輔ら豪華競演陣にも注目。


◆8月放送予定

『すかんぴんウォーク』
吉川晃司デビュー主演映画。主題歌「モニカ」も大ヒットした。この後、吉川は『ユー★ガッタ★チャンス』『テイク・イット・イージー』でも民川裕司役を演じる。

 

ユー★ガッタ★チャンス
『すかんぴんウォーク』の続編の形を採りながら、まったく新しい物語が展開する≪民川裕司≫第2作。陸から海へ、国内から国外へと、アクションシーンが繰り広げられる。

 

『テイク・イット・イージー
≪民川裕司3部作≫の第3弾にしての最終作。より大きな目標を探し求めて旅に出たロックスターの民川裕司を中心に、夢と恋と冒険を散りばめて描く。

 

『漂流街 THE HAZARD CITY』
不夜城」の馳星周のベストセラーを鬼才・三池崇史が映画化。歌舞伎町を舞台に、日系ブラジル人犯罪者とヤクザたちが死闘を繰り広げる。吉川晃司は13年ぶりの映画出演。

 

仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』
吉川晃司が、仮面ライダースカルに変身する鳴海荘吉役でゲスト出演。2人のライダーががっちり手を組み、巨大な悪に立ち向かう、平成ライダー10周年記念の劇場版。

 

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』
吉川晃司が再び鳴海荘吉を演じた、「MOVIE大戦シリーズ」の第2弾。鳴海荘吉がなぜ仮面ライダースカルになったのか、その謎が明かされる。

映画『ある町の高い煙突』

2019年6月22日より全国ロードショー

 

100年前。
ここにも命をかけて環境破壊と戦い、愛と誇りを守った人たちがいたー

「日立の大煙突と桜」には今日のCSR(企業の社会的責任)の原点があるー
昭和の文豪、新田次郎の未だ映画化されていない傑作を基に
茨城県日立鉱山の奇跡の"感動実話"映画がここに。

「ある町の高い煙突」公式サイト


原作 新田次郎「ある町の高い煙突」
脚本 渡辺善則
脚本・監督 松村克弥
プロデューサー 亀和夫・城之内景子

キャスト
関根三郎 井手麻渡(いであさと) 煙害対策委員長
加屋淳平 渡辺大 日立鉱山の庶務係
加屋千穂 小島梨里杏 加屋の妹
木原吉之助 吉川晃司 日立鉱山を開いた実業家
関根兵馬 仲代達矢 関根三郎の義理の祖父

 

変人感ゼロ

WOWOWで放送してたのを見ました。

 

麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版

麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版

 

ドラマ『新参者』からの映画への発展形。2012年の作品です。

 

ドラマは見たおぼえがありますが、加賀恭一郎警部補(阿部寛)は「変人」という設定だったと思います。それでコンビを組む松宮刑事(溝端淳平)が振りまわされる話だったような……。

 

この映画の加賀警部補はまるで普通ですね。変人感ゼロです。

 

まあ無理もないと思います。作中で提示される問題が

の2つなんです。けっこう大きな、根の深い問題ですよね。上映時間2時間がいっぱいいっぱいになっちゃう。しかも人気役者がいっぱい出てる。各出演者にそれなりの出演シーンを割り当てなきゃいけません。

 

だから加賀のとぼけたシーンで軽く笑いをとる暇なんて全然ないの。こんなにギッシリ詰め込むくらいなら、映画より連続ドラマにしたほうがよかったかもしれませんね。

 

中学生の役で松坂桃李が出てました。同級生役で出てる若手役者さんたちと比べると、明らかに顔の演技がうまい。家族の言葉が気に障ってムッとしたときの表情なんかね、良いですよ。のちに主役級の役者へとグレードアップすることになるポテンシャルを感じさせました。

KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR

2019年2月1日(金)
日本武道館
開場17:30 開演18:30
問い合わせ先 ディスクガレージ
チケット完売


2019年2月2日(土)
日本武道館
開場15:00 開演16:00
問い合わせ先 ディスクガレージ
チケット完売

 

2019年5月18日(土)
松戸・森のホール21
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 ディスクガレージ
チケット完売

 

2019年5月19日(日)
よこすか芸術劇場
開場17:00 開演17:30
問い合わせ先 ディスクガレージ
チケット完売

 

2019年5月25日(土)
大宮ソニックシティ 大ホール
開場17:00 開演17:30
問い合わせ先 ディスクガレージ
チケット完売

 

2019年6月1日(土)
福島・いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 GIP
チケット完売

 

2019年6月8日(土)
東京エレクトロンホール宮城
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 GIP
チケット完売

 

2019年6月15日(土)
長野・ホクト文化ホール 中ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 FOB 新潟
チケット完売

 

2019年6月28日(金)
札幌・カナモトホール(札幌市民ホール
開場18:30 開演19:00
問い合わせ先 WESS
チケット完売

 

2019年6月30日(日)
栃木県教育会館
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 フォールーラー
チケット完売

 

2019年7月6日(土)
福岡市民会館 大ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 BEA
チケット完売

 

2019年7月12日(金)
大阪・フェスティバルホール
開場18:00 開演19:00
問い合わせ先 YUMEBANCHI
チケット完売

 

2019年7月14日(日)
金沢市文化ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 FOB 金沢
チケット完売

 

2019年7月20日(土)
広島・上野学園ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 キャンディープロモーション

チケット完売

 

2019年7月21日(日)
サンポートホール高松
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 DUKE

チケット完売

 

2019年7月28日(日)
静岡市民文化会館 中ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 サンデーフォークプロモーション静岡
チケット完売

 

2019年8月10日(土)
名古屋・センチュリーホール
開場16:15 開演17:00
問い合わせ先 サンデーフォークプロモーション
チケット完売

 

2019年8月31日(土)
新潟県民会館 大ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 FOB 新潟

 

2019年9月8日(日)
幕張メッセ国際展示場 5~6番ホール
開場16:00 開演17:00
問い合わせ先 ディスクガレージ


【Musician】
Guitar 生形真一
Bass ウエノコウジ
Drums 湊雅史
Keyboards ホッピー神山

【チケット】
全席指定 ¥8,100(消費税込)
※3歳以上チケット必要

OFFICIAL FAN CLUB K2先行抽選受付についてはこちらをご覧ください。

今後のNHK朝ドラ

◆現在放送中
『なつぞら』
脚本:大森寿美男
制作局:東京
主人公の職業:アニメーター
主演:広瀬すず
共演:岡田将生
ナレーター:内村光良

◆2019年10月〜2020年3月
『スカーレット』
脚本:水橋文美江
制作局:大阪
主人公の職業:陶芸家
主演:戸田恵梨香
共演:
ナレーター:

◆2020年4月〜2020年9月
『エール』
脚本:林宏司
制作局:東京
主人公の職業:作曲家
主演:窪田正孝
共演:
ナレーター:

 

優しさ地獄

カンヌ映画祭パルムドールの栄冠に輝いた話題作がいよいよWOWOWに降りてきました。

すごい映画ですね……。セリフで説明しないの。映像は暗いところが多くて、決して明瞭とは言えません。なのに登場人物の心情や、彼らが人に言えない事情を抱えていることがよく伝わってきます。

 

印象深かったのは花火大会の夜のシーン。柴田信代(安藤サクラ)たちが住む古びた家は、ビルや他の住宅に囲まれていて、夜空を彩る花火は見えません。音が聞こえるだけ。「花火、見えないねー」「音だけだね」といったやりとりがあって、それなりに楽しそうなの。でもカメラが上から映すと、彼らの家から放たれる細長い長方形の光が、周囲の闇に押しつぶされそうに見えるんです。このあと一家に迫り来る大きな変化を暗示するかのよう。

 

信代も治(リリー・フランキー)も優しい人なのよ。小ぎれいな家に住んでいながら幼い娘を虐待するような家庭と比べれば、彼らのほうが幸福感はあると思う。

 

でも、それは「幸福感」であって幸福ではないの。なにせ万引きしちゃってますし、それ以上のいろいろなアレがありますし。本当はそこから抜け出さなきゃいけないのに、温かくて優しくて心地良い穴ぼこにスポッとはまって、抜け出そうという意志を持つことすら難しそうです。優しさ地獄だよ、これ。

 

信代たちの行状はやがて明るみに出て、裁きを受けることになりますが、しばらく時間が経ったら彼らはまた優しさ地獄に戻るのかもしれません。というか、他に行くところがなければ、そこに戻らざるを得ないのかもしれません。