pandoraの玩具箱

身辺雑記+エンタメ鑑賞記+吉川晃司さんのこと+世間話など。

KIKKAWA KOJI LIVE 2020 日程

2020年5月3日(日・祝)
[仮称] 有明ホール
17:30開場 18:30開演
問合せ先:ディスクガレージ

 

2020年5月4日(月・祝)
[仮称] 有明ホール
16:00開場 17:00開演
問合せ先:ディスクガレージ

 

2020年5月5日(火・祝)
[仮称] 有明ホール
16:00開場 17:00開演
問合せ先:ディスクガレージ

 

2020年6月20日(土)
栃木県総合文化センター
16:30開場 17:00開演
問合せ先:フォールーラー

 

2020年6月21日(日)
名古屋・センチュリーホール
16:15開場 17:00開演
問合せ先:サンデーフォークプロモーション

 

2020年7月3日(金)
広島・上野学園ホール
18:30開場 19:00開演
問合せ先:キャンディープロモーション広島

 

2020年7月11日(土)
高崎芸術劇場
16:30開場 17:00開演
問合せ先:フォールーラー

 

2020年7月18日(土)
サンポートホール高松 大ホール
16:30開場 17:00開演
問合せ先:DUKE

 

2020年7月24日(金・祝)
カナモトホール [札幌市民ホール]
16:30開場 17:00開演
問合せ先:WESS

 

2020年7月26日(日)
仙台サンプラザホール
16:30開場 17:00開演
問合せ先:GIP

 

2020年8月1日(土)
金沢・本多の森ホール
16:30開場 17:00開演
問合せ先:FOB 金沢

 

2020年8月8日(土)
福岡サンパレス ホテル&ホール
16:30開場 17:00開演
問合せ先:BEA

 

2020年8月10日(月・祝)
静岡市民文化会館 大ホール
16:30開場 17:00開演
問合せ先:サンデーフォークプロモーション静岡

 

2020年8月20日(木)
大阪・フェスティバルホール
18:00開場 19:00開演
問合せ先:YUMEBANCHI

 

2020年8月21日(金)
ロームシアター京都 メインホール
18:15開場 19:00開演
問合せ先:YUMEBANCHI

 

2020年8月23日(日)
島根県民会館
16:30開場 17:00開演
問合せ先:キャンディープロモーション岡山

 

2020年8月30日(日)
新潟テルサ
16:30開場 17:00開演
問合せ先:FOB 新潟

 

2020年9月5日(土)
いわき芸術文化交流館 アリオス
16:30開場 17:00開演
問合せ先:GIP

 

【チケット料金】
全席指定 ¥8,800 (消費税込)
3歳以上チケット必要

 

OFFICIAL FAN CLUB “K2”、K2 MOBILE CAST会員向けの先行抽選予約受付については、各オフィシャルサイトでの発表をご確認ください。

吉川晃司デビュー35周年記念WOWOWスペシャル

www.wowow.co.jp

 

■9月29日放送
吉川晃司 Live at 日本武道館WOWOW Special Edition~

 

■10月12日放送
COMPLEX 東京ドームLIVE ~日本一心~
吉川晃司 横浜アリーナLIVE「KEEP ON KICKIN' & SINGIN'!!!!!」 ~日本一心~
ノンフィクションW 吉川晃司 ヒーローになれなかった日~新たなる挑戦・日本一心~

 

■11月放送予定

吉川晃司 35th Anniversary Live TOUR FINAL

 

■12月放送予定

ドキュメンタリー『その男、職業 吉川晃司。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■8月24日放送
漂流街 THE HAZARD CITY

 

■9月12日放送
漂流街 THE HAZARD CITY

 

■9月13日放送
仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010
仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE
すかんぴんウォーク
ユー★ガッタ★チャンス
テイク・イット・イージー

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆7月17日放送

『吉川晃司 35th Anniversary Music Video Collection
『吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35 ~ WOWOW Special ~』

『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』


◆8月18日放送

『すかんぴんウォーク』

ユー★ガッタ★チャンス
『テイク・イット・イージー

 

◆8月14日放送

『漂流街 THE HAZARD CITY』
仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』
仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』

[BARKS] 怒髪天トリビュート企画に吉川晃司、綾小路 翔、リリー・フランキー、チバユウスケ、梶芽衣子ら220名参加

10月16日にリリースされる怒髪天の35周年記念盤『怒髪天』より、「オトナノススメ~35th 愛されSP~」のプロモーションビデオが公開された。

 

youtu.be

 

同曲には、ドラマー6名、ベーシスト6名、ギタリスト13名、ヴォーカリスト&コーラスあわせて総勢220名が参加している。制作期間は8ヶ月、制作費はフルアルバム1枚分という前代未聞のトリビュート企画だ。

 

その参加者が以下である。

■「オトナノススメ~35th 愛されSP~」参加者 (五十音順/敬称略)
Vocal & Chorus :
綾小路 翔(氣志團), 飯室大吾(FM802), 石川純(HOT STUFF PROMOTION), 内田絢子(FM802), うつみようこ, Oi-SKALL MATES, 大木温之(The ピーズ), 大槻ケンヂ, 岡峰光舟(THE BACK HORN), 掟ポルシェ(ロマンポルシェ。), 奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン), オサナイユウタ(The Jerry), ガガガSP, 影山ヒロノブ, 梶芽衣子, 勝手にしやがれ, 加藤ひさし(THE COLLECTORS), 川中美幸, ギターウルフセイジ, 吉川晃司, 木村充揮, 京都磔磔, クジヒロコ, クラブカウンターアクション宮古, グループ魂, 黒崎栄介(名古屋ハックフィン), KOHKI(BRAHMAN/OAU), コヤマシュウ(SCOOBIE DO), 近藤"OSSAN"寛(名古屋CLUB UPSET), 斉藤和義, THEイナズマ戦隊, ザ50回転ズ, THe COMMONS, 佐々木たくお(札幌スーパーギャグメッセンジャーズ), THE BAWDIES, サンボマスター, ZIP (LATLX(LUCY & THE LIPSTIX)), 柴山俊之, 清水音泉, ジョージ・ウィリアムズ, 陣谷良将(長野CLUB JUNK BOX), 四星球, スガ シカオ, 菅波栄純(THE BACK HORN), 菅原 卓郎(9mm Parabellum Bullet), 杉作J太郎, 鈴木圭介(フラワーカンパニーズ), 須藤寿(髭), スマイリー原島, SLANG, 騒音寺, TARSHI(ex.LONESOME DOVE WOODROWS), TAISEI(SA), タカハシマイ(Czecho No Republic), 滝 善充(9mm Parabellum Bullet), 田島貴男(ORIGINAL LOVE), 田中要次, チバユウスケ, 土屋大輔(ジェイルハウス), 鐵槌, 10-FEET, 土井コマキ(FM802), 東狂アルゴリズム, TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU), トータス松本(ウルフルズ), 怒髪天CREW(小野仁子, 岡田"どらごん"聡, 木村"Q太郎"至, 横山隆義), TOMOVSKY, トライシグナル, 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン), 中島ヒロト(FM802), 仲野茂(亜無亜危異), 奈良美智, 二井原実(LOUDNESS), ニュータウン御意見無用バンド, ニューロティカ, BAZRA, 板東さえか(FM802), PIGGY BANKS(矢沢洋子 keme), 日高央(THE STARBEMS), BUGY CRAXONE, POLYSICS, 前田亘輝(TUBE), MAKOTO(BRAHMAN/OAU), まちゃまちゃ, 松川隆(夢番地), 松田晋二(THE BACK HORN), 祭の妖精・祭太郎, マーヤ(KING BROTHERS), ミスター小西(フラワーカンパニーズ), MR.PAN(THE NEATBEATS), 壬生狼, MILK&WATER, MONGOL800, 柳家睦, 山田将司(THE BACK HORN), 山中さわお(the pillows), 山本譲二, よーかい(LTD EXHAUSTⅡ/画鋲), 雷矢, riverロマンチック日本代表!!!, リリー・フランキー, LUCY(LATLX (LUCY & THE LIPSTIX)), RONZI(BRAHMAN/OAU), ワタナベイビー (ホフディラン), 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET, THE ZOOT16, 猪苗代湖ズ), 渡辺美里

Guitar :
内田勘太郎, カトウタロウ, KOHKI(BRAHMAN/OAU), 佐藤タイジ(シアターブルック・THE SOLAR BUDOKAN主宰), 菅波栄純(THE BACK HORN), ギターウルフセイジ, 竹安堅一(フラワーカンパニーズ), NAOKI(SA), 古市コータロー(THE COLLECTORS), マツキタイジロウ(SCOOBIE DO), 真鍋吉明(the pillows), 横山健(Ken Yokoyama, Hi-STANDARD), 和嶋慎治(人間椅子)

Bass :
上田ケンジ, ウエノコウジ, 岡峰光舟(THE BACK HORN), グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ), Jun Gray(Ken Yokoyama), ナガイケジョー(SCOOBIE DO)

Drums :
池畑潤二, オカモト"MOBY"タクヤ(SCOOBIE DO), クハラカズユキ, 小関純匡(マチルダロドリゲス, VooDoo Hawaiians, 玉響楽団), ナカジマノブ(人間椅子), RONZI(BRAHMAN/OAU)

  ◆  ◆  ◆

 

■35周年記念盤『怒髪天
2019年10月16日(水)発売
題字:北島三郎
商品形態:Blu-ray+CD ¥8,888+税 / TEXI-97047
DVD(2枚)+CD ¥7,777+税 / TEBI-85591
CDのみ ¥1,800+税 / TECI-1658
※「オトナノススメ~35th 愛されSP~ゲスト早見表」封入
※初回プレス分のみ、豪華ゴールデンパッケージ仕様

<CD収録内容>
01. シン・ジダイ
02. やるイスト
03. オトナノススメ~35th 愛されSP~
04. オトナノススメ~35th 愛されSP~カラオケver
05. オトナノススメ~35th 愛されSP~インストver
(コーラスも入ってません。みなさんで大合唱してお楽しみください)
06. オトナノススメ~35th 愛されSP~GUITAR mainMIX ver
(細部にわたるギタリストの緻密なプレイをお楽しみください)
07. オトナノススメ~35th 愛されSP~DRUM/BASS mainMIX ver
(普段は歌とギターに主役の座を奪われがちなリズム隊を大フィーチャー。うねるベースライン、ドラムのゴーストまでお楽しみください)

<DVD(Blu-ray)収録内容>
(1) 6/23(日)渋谷TSUTAYA O-EAST / TSUTAYA O-WESTで行われた『大怒髪展』のドキュメント映像、怒髪天メンバーによる雑エンターテインメントSHOWをダイジェストで収録。
<雑エンターテインメントSHOW収録詳細>
増子直純 シャンソンショー『例の紅いドレスで…』
上原子友康 三味線LIVE SHOW『留萌のカマリ』
清水泰次 演芸ショー
・坂詰克彦 THE MOVIE
(2) 怒髪天、もっと!もっと!愛されたくて35年。極楽元年(予想)四都巡啓
・6/24(月)渋谷TSUTAYA O-WEST「~嗚呼!花の東京28年生~ワンマンライブ映像。さらに、名古屋編、札幌編、大阪編のダイジェスト映像を収録。

 

www.barks.jp

 

[BARKS] 【ライブレポート】吉川晃司、デビュー35周年ツアーファイナルで「17歳の時に弾いていたギターです」2020年の全国ツアー開催も発表

吉川晃司が9月8日、35周年のアニバーサリー・ツアーのファイナル公演を、幕張メッセ国際展示場4〜6番ホールで行った。このツアー、デビュー日である2月1日と2日の日本武道館公演からスタートして、全国18都市19公演で、6万5千人を動員。最終日の幕張公演には、台風15号が関東に接近する中、1万2千人が集結して、35周年を盛大に祝った。

 

「台風なんざ寄せつけやしません。台風あっちいけの念を出しています」という吉川の言葉どおり、熱く激しく、そして愛にあふれたステージを展開した。オープニング・ナンバーの「Juicy Jungle」では緑色のテープが発射されて、観客が両手を振りながら踊って、幕張メッセが密林のジャングルと化していった。さらにCOMPLEX時代の「BE MY BABY」、80年代のヒット曲「LA VIE EN ROSE」と、いきなりクライマックスのような盛り上がりになって、35周年にふさわしい、にぎやかで楽しいお祭り空間が出現した。

 

「35周年なんで、懐かしいあんな曲からそんな曲まで、やっていきますよ」とのこと。さらに「17歳の時に弾いていたギターです。まだ元気です」という言葉に続いて、デビュー当時愛用していたネックのないギターを弾きながら、「You Gotta Chance〜ダンスで夏を抱きしめて〜」を披露。これは当時から彼を応援していた人々にとってはうれしいサプライズだろう。さらに「にくまれそうなNEWフェイス」「RAIN-DANCEがきこえる」「サヨナラは八月のララバイ」と初期のヒット曲の連続に、悲鳴にも似た歓声が起こった。原曲のテイストを活かしながらも、生形真一(G)、ウエノコウジ(B)、湊雅史(Dr)、ホッピー神山(Key)という最強の布陣の奏でるソリッドでタイトでダイナミックな演奏によって、最新の息吹が注ぎ込まれていく。吉川も当時のニュアンスを活かして歌い、当時の動きや仕草を再現。懐かしさとみずみずしさと新鮮さとが混ざっている。吉川晃司というソロ・シンガーの魅力と骨太で男っぽいバンドサウンドの魅力とが共存するステージだ。

 

シンガーとしての吉川の表現力の豊かさを堪能したのは花道の先端のセンターステージに出ての「I'M IN BLUE」と「ONE WORLD」、そしてメインステージに戻っての「Dream On」。35年間、歌い続けてきたからこその深みと繊細さと強靱さとが混ざった歌声に観客が聴き入っていた。10本の火柱が上がる中での「SAMURAI ROCK」、吉川と生形のダブルギターがスリリングな「HEART∞BREAKER」で会場内にさらに熱気が渦巻いていく。ここからは一気にたたみかけていくはずだったのだが、吉川のイヤーモニターが壊れるアクシデントがあり、しばし中断して修理タイム。

 

「壊れたっていうか、壊したかな。(音が聞こえなくて)歌えなかったら、みんな、歌ってよ、頼むわ」と吉川が言うと、観客がウォーと応えていた。アクシデントもパワーに変えてしまうところが吉川らしい。再開しての「1990」からさらに一体感が増していく。吉川の歌も全開だったが、本人から頼まれたこともあってか、観客のシンガロングの声もひときわ大きく鳴り響き、吉川と観客との強い絆も実感した。デビュー当時を彷彿させるタンクトップ姿での「モニカ」でも大きなコール&レスポンスとハンドクラップが起こった。ピンクのテープが舞う中での「恋をとめないで」でも大きな大きなシンガロング。歌詞の一部を変えて、“ファイナルの夜だろ”と歌うと、歓喜と感動の声がたくさんあがった。

 

「The Gundogs」「GOOD SAVAGE」ではゴツゴツした無骨なバンドサウンドに会場内が激しく揺れた。吉川、生形、ウエノの3人が並んで演奏する光景は壮観だ。吉川はもちろんだが、ステージ上の全員が実に絵になる。本編ラストは吉川がデビュー10年の節目で作った「BOY'S LIFE」。<手遅れと言われても、やれる気がしてるのさ>というこの歌の内容は35周年の今も有効だ。エンディングでは35周年を締めるシンバルキックが炸裂。回転しながらシンバルを蹴り、体ごと床に落下して、すぐに腹筋を使って立ち上がると、盛大な拍手が起こった。倒れても倒れても、立ち上がる。そんな吉川の不屈の精神を象徴するかのようなパフォーマンスだ。

 

アンコールで登場すると、まずはMCで、「新しいホールができるので、5月にこけら落としを3daysやる予定です。そこからツアーがスタートするのかな。来年もしっかり音楽をやっていきたいと思っています。楽しみにしていてください」と2020年に全国ツアー<KIKKAWA KOJI LIVE 2020>を開催することを発表。新しいホールとは現在建築中の[仮称]有明ホール。2020年春にグランドオープンする同会場のこけら落としを飾る。吉川は2018年にも武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで実質的なこけら落としとなるコンサートを行っている。吉川には未踏の地の第一歩を刻むのが似合っている。

 

アンコールでは水球日本代表Poseidon Japan公式応援ソング「Over The Rainbow」、「SPEED」、「せつなさを殺せない」が演奏された。感謝の思いが詰まった歌声に観客が熱烈に応えて、ファイナル公演は感動的なフィナーレを迎えた。

 

「笑顔の再会を。また、みなさん、元気な姿を見せてください。気をつけて帰ってください」とのこと。来年のツアーが発表になったので、笑顔の再会の日はそんなに遠くはなさそうだ。なお、本公演の模様はWOWOWで11月2日に放送される予定になっている。幕張公演に参加出来なかった人はもちろん、早く笑顔の再会をしたいという人にとっても、見逃せない放映となるだろう。

 

文・長谷川誠
撮影・平野タカシ

 

■【SETLIST】
Juicy Jungle
BE MY BABY
LA VIE EN ROSE
You Gotta Chance〜ダンスで夏を抱きしめて
にくまれそうなNEWフェイス
RAIN-DANCEがきこえる
サヨナラは八月のララバイ
スティングレイ
I'M IN BLUE
ONE WORLD
Dream On
MODERN VISION
Nobody's Perfect
SAMURAI ROCK
HEART∞BREAKER
1990
アクセル
モニカ
恋をとめないで
The Gundogs
GOOD SAVAGE
BOY'S LIFE
〜Encore〜
Over The Rainbow
SPEED
せつなさを殺せない

 

BARKS

 

f:id:yokoshiraki10:20190913102826j:plain

 

2021年NHK大河ドラマ『青天を衝け』

2021年1月スタート

主演 吉沢亮

脚本 大森美香

 

“大河新時代”第2弾、4Kフル撮影による大河ドラマ第60作は「青天を衝(つ)け」。
その主人公は、新一万円札の顔としても注目される「渋沢栄一」です。
「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一は、約500もの企業を育て、同時に約600の社会公共事業にも関わりました。
晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補にも2度選ばれています。
幕末から明治へ。時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝くかのように高い志を持って未来を切り開きました。
「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢は、生涯青春の人でした。
2021年、若き心で挑戦を続けた男・渋沢栄一との出会いにご期待ください。

 

www.nhk.or.jp

 

KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR

2019年2月1日(金)
日本武道館
開場17:30 開演18:30
問い合わせ先 ディスクガレージ


2019年2月2日(土)
日本武道館
開場15:00 開演16:00
問い合わせ先 ディスクガレージ

 

2019年5月18日(土)
松戸・森のホール21
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 ディスクガレージ

 

2019年5月19日(日)
よこすか芸術劇場
開場17:00 開演17:30
問い合わせ先 ディスクガレージ

 

2019年5月25日(土)
大宮ソニックシティ 大ホール
開場17:00 開演17:30
問い合わせ先 ディスクガレージ

 

2019年6月1日(土)
福島・いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 GIP

 

2019年6月8日(土)
東京エレクトロンホール宮城
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 GIP

 

2019年6月15日(土)
長野・ホクト文化ホール 中ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 FOB 新潟

 

2019年6月28日(金)
札幌・カナモトホール(札幌市民ホール
開場18:30 開演19:00
問い合わせ先 WESS

 

2019年6月30日(日)
栃木県教育会館
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 フォールーラー

 

2019年7月6日(土)
福岡市民会館 大ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 BEA

 

2019年7月12日(金)
大阪・フェスティバルホール
開場18:00 開演19:00
問い合わせ先 YUMEBANCHI

 

2019年7月14日(日)
金沢市文化ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 FOB 金沢

 

2019年7月20日(土)
広島・上野学園ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 キャンディープロモーション

 

2019年7月21日(日)
サンポートホール高松
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 DUKE

 

2019年7月28日(日)
静岡市民文化会館 中ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 サンデーフォークプロモーション静岡

 

2019年8月10日(土)
名古屋・センチュリーホール
開場16:15 開演17:00
問い合わせ先 サンデーフォークプロモーション

 

2019年8月31日(土)
新潟県民会館 大ホール
開場16:30 開演17:00
問い合わせ先 FOB 新潟

 

2019年9月8日(日)
幕張メッセ国際展示場 5~6番ホール
開場16:00 開演17:00
問い合わせ先 ディスクガレージ


【Musician】
Guitar 生形真一
Bass ウエノコウジ
Drums 湊雅史
Keyboards ホッピー神山

【チケット】
全席指定 ¥8,100(消費税込)
※3歳以上チケット必要

OFFICIAL FAN CLUB K2先行抽選受付についてはこちらをご覧ください。

10年後ニュース

ある人の訃報を10年以上たってから聞きました。今はただ合掌。お寺の場所もご実家の住所も知らない。どうしようもない。いや、むしろ他人の私が無駄に動けばご遺族の心情を害する危険性すらある。ニュースは内容にかかわらずその時その時に知らなければ意味がありません。